2000万円問題の答え

テレビでも報道はされていますが、ネットを中心に大炎上しています。

老後までに2000万円貯めなければ年金だけでは生活していけなくなるという話です。これまでも投資をしている人々の間では年金制度は信頼するに値しないので資産運用が必要という共通認識があったかと思いますが、今回の騒動は国としてそれを認めてしまったということですね。

ただ多くの方が2000万円の貯蓄、、、と考えているようですが20年後、30年後では貨幣価値が異なる可能性が大きいです。現在の物価で2000万必要ならば、将来は2500万か3000万必要となっている可能性が高いでしょう。

政府は2パーセントのインフレを目指していますが具体的にどの程度の物価上昇となるか計算されたことはございますでしょうか?

年2パーセントを複利計算すると、なんと物価は20年で約1.5倍に、30年で1.8倍くらいになります。そう考えると今の2000万が20年後に3000万の価値を持つことはあり得ない話ではないことがわかります。

投資格言で「国策には逆らうな」と言います。

国はインフレを目指し、年金は頼れない、貯蓄から投資へと言っています。様々な意見はありますが、その流れを批判する暇があったら流れを読み、流れに乗るほうが賢明です。流れに乗ればiDeCoや積立ニーサ、さらには住宅ローン減税等、減税により支出を抑えられます。

今は米国株が非常に強く、また将来性が高い企業が多いことからネットを中心に米国一本投資が広まりつつあります。

それも良いとは思いますがより安定させる為には世界分散投資が万人におススメできる手法かと思います。積立ニーサで楽天証券に口座を作り、楽天VTを買えば簡単に世界分散投資が可能となります。世界の人口が減ったり、資本主義が崩壊しない限り10年単位で見ればまず負けないと考えています。

もし投資が好きで銘柄分析をしてから投資対象を選びたいならそれも良いでしょうが、多くの人々にとって投資は趣味ではなく手段です。極力シンプルにするという観点からも楽天VTで積立ニーサというのはメリットが大きいですね。

スポンサードリンク