ボラが高い相場で勝てなくなった理由

こんにちは。だいぶ暖かくなりましたが、最近結衣スキャで負け越しており心は寒いです、、、

さて、落ち込んでばかりいられないので最近勝てない理由を考えてみました。仮説ですが、ライン引き過ぎ・トレードしすぎです!

ライン引き過ぎなチャート

ほぼ10pips感覚にラインが引かれています。ここまで引いてしまうとどれが重要でどれが重要でないかわかりません。

それでも3月前半は絶好調で負ける気がしない勢いでした。しかしここ最近は勝てる気がしないくらいです。

ただ、Twitterを見ると結衣スキャ元祖である結衣さんは当然のように勝ってるし、結衣スキャを実践されている方々でも急に勝てなくなったとは聞きません。なぜ自分だけ???と考えた結論がライン引き過ぎでした。

3月前半と3月中盤で何が違うかというと相場のボラティリティ(変動幅)が違います。チャートで見てもこのような感じで、、、

3月の途中から急に激しい動きが増えました。ボラが低いときは方向感が合っていれば多少ラインの精度が低くても結果としては勝ててしまいます。少し逆行しても移動平均線に対して順張りしているので、また戻ってくる可能性が高いからです。しかし、ボラが高いと少し逆行しただけですぐに損切りラインに引っかかってしまいます。

荒れ相場は入らなければ良いとはいうものの、いつが荒れ相場なのかはわからないし、判断基準が明確にありません。やはり荒れ相場でも通用するライン見極めが必要と痛感しています。

結衣さんもトレード回数を減らすことを推奨されてました。

トレードがうまくいき始めるともっとトレードしたいという考えからついついラインをたくさん引いてしまいます。しかしそれはこの手法の優位性、勝率を下げる結果にしかなりません。

ただ難しいのは、ラインを減らした場合に実際には優位性が高くないと思われるラインでも反発する場合がある点です。

そこは経験の世界にはなるのでしょうが、1分足でプライスアクションを見てからエントリーする、潔く早めの損切りをするという方法で回避していきたいと思います。

もしかしたらこの荒れ相場だからこそエントリーを減らす必要性に気づけたのかもしれません。

ラインを全て書き直したチャートです。

※結衣さんが引いたラインではなく自分で引いたラインです。証券会社がXMでないので多少異なる点もあります。

またラインにチャートがはまり出してきました!精度を上げることを意識して実践していきます!

スポンサードリンク