いま積立投資をやめてはいけない

コロナショックで株価が大暴落しています。年金2000万円問題から投資を始めた人は損をしているという論調をTwitterでも見かけます。ただ、もしあなたが毎月積立型の投資をいるなら、今やめてはいけません。

実は私自身、今年から積立ニーサを始めました。現在の投資成績は燦々たるものです。

それはそうですよね。アメリカダウ平均のチャートを見ると一見、リーマンショックよりひどそうに見えます。

ただ、経済活動が0になることはありません。一時的に外出禁止令が出たとしても、アメリカ国民はウォールマートに買い物にいくし、マクドナルドでコカコーラをまた飲みたくなるはずです。

事実、リーマンショック時は株価が半分になりましたが、その後4倍以上に跳ね上がりました。

株価が元に戻らないとしたら、コロナで世界の人口が半分になるとか、社会主義国家が世界征服して資本主義が崩壊とか、それくらいのことが起きない限りいつかは株価は戻ります。 

ダウの底値は高値の半分の15000ドルか、リーマン後安値の7000ドルかはわかりませんがいつかはまた30000ドルを超えて行くでしょう。アメリカは世界最強の国家であり、人口も増え続けているのでほぼ間違い無いと考えています。

もし積立ニーサをまだ始めていなければ、今は始める絶好の機会かもしれません。ただ個別株で一度に資金を入れるのは時期尚早と思います。まさに落ちるナイフを掴む状況になります。

数年後に暴騰するのを夢見て毎月数万円ずつ仕込んでいけばいつか報われる可能性が高いのではないでしょうか。

※投資は自己責任でお願い致します。

スポンサードリンク