大学病院の精神科を受診

とうとうここまできました、、、
心療内科ではなく大学病院の精神科。

〈スポンサーリンク〉


そういえば心療内科と精神科って何が違うのでしょう?

wikipediaによると、、、精神科(せいしんか、英語: Department of Psychiatry)とは、医療機関における診療科目の一つである。精神障害・精神疾患・依存症・睡眠障害を主な診療対象とする。

心療内科は主に心身症やストレスからくる身体症状を扱う。

難しいですね、、、勝手なイメージでは精神科のほうが本格的な感じはしますかが、、、

実際のところ、心療内科と看板に書くことが認められたのは1996年だそうで、精神科という響きにハードルの高さを感じてしまう人が多く、精神科医が心療内科という看板を掲げていることもあるようです。

さてさて、朝9時に病院に行くと予約人数3000人の看板。 大学病院ってこんなに混んでるんですね。

受付後に精神科の病棟に行くと入口付近から異様な空気感です。

やたらスケスケの服を着ている露出狂?の中年女性がいたり、南国帰りですか?みたいなハワイアン柄の派手なワンピースを着た女性がいたり、、、

まぁ個人の自由ですがよくその服装で精神科来ますねと思ってしまいました。

それ以外にも「何聞かれてもわかんねーんだよー!」と大声で繰り返す男性、精神科の受付に朝10時前なのに「何時間待たせるんだー!!!」とよくわからないクレームをつけ、叫ぶ男性。朝何時起きですか???

、、、なんだかすごいところに来てしまった。心療内科の待合室は静かだったので、やはり重篤な患者さんが多い印象。

問診票を書き、少し待っていると自分の名前が呼ばれます。大学病院につき学生の実習も兼ねるとのこと。、診察室に入ると学生がずらーり!5人くらいいました。
質問も学生さんからされます。今つらいことは何ですか?みたいな超ざっくりした質問。、、、さすが学生さんですな。
まぁ。自分はこんなとこ来るなかでは症状が軽いほうだから学生さんの実習にはちょうど良かったんでしょう。
問診の中では家族についてもいろいろ聞かれます。親族でうつ病等の人がいないか、生い立ちが影響していないかが質問の意図であるようです。なのですが、よくわからない質問も混ざります。お母さんの妹さんのご職業は?

、、、専業主婦だと思います。

ん?これ関係あります?

、、、と思っていたら付き添いの先生から「それはどうでもいいから次いって。」とカットインが入りました笑

今回話をして、自分の幼稚園時代から現在までを振り返る良い機会になりました。

実習の後は上級医の先生の問診です。

スポンサードリンク